大阪の家を売るポイント

大阪府の地価はリーマンショック以降下落していましたが、この数年は下げ止まり、少しずつ上昇し始めています。中でも大阪市内の住宅地の地価が高い上昇率を出し続けています。近年、中心部では、あべのハルカスなど大型の再開発が多く、地価が上昇しています。それに伴いタワーマンションの需要が高まり、住宅地の地価も上昇しているのでしょう。周辺の市部では、以前から南部よりも北部の方が地価が高かったですが、さらにその差が開いてきています。
家を売るには、所有している家にどのくらいの値段が付くかを自分で計算することが最初のポイントになります。公示地価を調べて土地の値段を把握し、不動産販売サイトで似た条件の住宅の取引実績を調べます。細かい部分では物件ごとに差がありますが、大まかな値段が把握できます。
次に、家売る依頼する際には業者が値段を付けますが、複数の業者に査定を依頼します。査定は無料ですし、粗品がもらえるところもあります。所有する家の業界全体の評価がわかりますし、高い2社を競合させることでより高い評価額を引き出すことができます。
最後に、売却の時期を焦らないことです。市場に出てから売れなかった際に業者が安い値段で下取りする契約をするケースが多いですが、安くても入ってくる金額を確定させたい思いから、早くにあきらめる方が多いのが実情です。大阪府は住宅地の地価が上昇し始めている状況ですので、同じ値段であれば、先になるほど売れやすくなるはずです。家を売ることは殆どの方にとって初めてのことだと思いますが、有利な売却を目指しましょう。

Comments are closed